コラム
column

  • 2019年04月08日(月) コラム

    年5日の年次有給休暇を取得させない使用者には罰則が!

    弁護士 成末 奈穂   1.働き方改革  「働き方改革」は、働く方々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、自分で「選択」できるようにするための改革です。  働き方改革関連で、労働基準法をはじめとする法律が改 […]

  • 2019年03月15日(金) コラム

    民法(相続法)の大改正~自筆証書遺言の方式緩和について~

    弁護士 金 慶幸   1.民法(相続法)の改正のポイント  平成30年(2018年)7月6日、民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(以下「改正相続法」と言います))が成立しました。  改正相続法は、原則と […]

  • 2019年02月26日(火) コラム

    「退職代行サービス」ってどうなの??

    弁護士 金 愛子 今年が始まったかと思えば、もう2月が終わろうとしています。 今月は、昨今話題になっている「退職代行サービス」について取り上げたいと思います。   1.日本における退職代行サービスの台頭 &nb […]

  • 2018年12月28日(金) コラム

    韓国判例:日本人の韓国政府に対する国家賠償請求が認められた事例

    鄭 源一   原告は日本人であり、韓国の政府機関からの不法拘禁を理由にして、韓国裁判所に韓国の国家賠償法に基づく損害賠償請求訴訟を提起しました。ところが、韓国の国家賠償法によると、外国人が被害者である場合は、該当国家と韓 […]

  • 2018年12月06日(木) コラム

    日本と韓国の被疑者勾留請求却下率は違う?

    弁護士 丁 海煌  最近、日本の弁護士の友人から、「韓国では勾留(韓国では「拘束」といいますが、便宜上「勾留」と記載します。)請求却下率が高く、日本とは違って被疑者が勾留されることは少ないと聞いたけど、本当なのか?」とい […]

  • 2018年10月04日(木) コラム

    暴力団、不当要求・・・私には関係ない?

                                                    弁護士 金 紀彦  日本には、2016年末時点で、暴力団の構成員が約1万8100人います。また、準構成員(構成員ではないが、 […]

  • 2018年08月03日(金) コラム

    預金の相続               

    弁護士 裵  薫   平成28年(2016年)12月19日、最高裁判所大法廷は、「普通預金債権は、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象になる。」という判断を下した(許可抗告事件決定、民 […]