コラム
column

  • 2018年12月28日(金) コラム

    韓国判例:日本人の韓国政府に対する国家賠償請求が認められた事例

    鄭 源一   原告は日本人であり、韓国の政府機関からの不法拘禁を理由にして、韓国裁判所に韓国の国家賠償法に基づく損害賠償請求訴訟を提起しました。ところが、韓国の国家賠償法によると、外国人が被害者である場合は、該当国家と韓 […]

  • 2018年12月06日(木) コラム

    日本と韓国の被疑者勾留請求却下率は違う?

    弁護士 丁 海煌  最近、日本の弁護士の友人から、「韓国では勾留(韓国では「拘束」といいますが、便宜上「勾留」と記載します。)請求却下率が高く、日本とは違って被疑者が勾留されることは少ないと聞いたけど、本当なのか?」とい […]

  • 2018年10月04日(木) コラム

    暴力団、不当要求・・・私には関係ない?

                                                    弁護士 金 紀彦  日本には、2016年末時点で、暴力団の構成員が約1万8100人います。また、準構成員(構成員ではないが、 […]

  • 2018年08月03日(金) コラム

    預金の相続               

    弁護士 裵  薫   平成28年(2016年)12月19日、最高裁判所大法廷は、「普通預金債権は、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象になる。」という判断を下した(許可抗告事件決定、民 […]