弁護士 成末奈穂     

 

 最近、ご自身やご両親の財産に関して、「いい解決策はないか」というご相談を受け、「家族信託」をおすすめするケースが増えています。

 しかし、「家族信託」という言葉自体、一般的にはまだ馴染みがないと思いますので、このコラムで紹介したいと思います。

 

 「信託」とは、簡単に言うと、自分の財産を別扱いして、信頼できる人に託して名義を移し、託された人は、一定の目的に従ってその財産を管理・処分する仕組みです。

 「家族信託」は、家族のための信託です。例えば、家族信託を利用することで、このような事例のお悩みを解決することが可能です。

 

 「今はまだ元気だが、もし認知症になってしまうと、自分の財産も自由にできなくなり、家族も困ってしまう。家族が成年後見の申立てをした場合、財産がそれなりにあると、知らない弁護士等の専門家が後見人に選任され、安くない後見人報酬をとられてしまう。」

 

【お悩みのポイント】

 ・認知症になってしまうと、自分の財産であっても自由にできなくなる。家族も出金等ができず、困る。

 ・家族が成年後見の申立てをした場合、裁判所は、財産がそれなりにある人の場合は専門職後見人を選任し、安くない後見人報酬が発生してしまう。

 

 具体的に、「家族信託」を利用してどのようにしてお悩みが解決できるのかは、次回以降のコラムで説明します。